グッズ紹介 車中泊 車中泊ひとり旅の心得

【初めての車中泊】準備するアイテムは何がいるの?問題

2022年10月2日

こんにちわ、toruです。

これから車中泊を始めようとするあなた!必見の記事になります。

ワイ、車中泊をしてみたいんやが
何を準備したらええんか?
車二 泊郎

車中泊するには何を準備したらよいのでしょうか。

最悪、なにもいらないです!

座席シートを倒して寝れればいいわけですから!


と、言われればそうですが、それだといろいろと心配になりますよね。

この記事では、車中泊するときに準備したら良いアイテムをご紹介します。

初めての車中泊、これだけは準備しよう!

目隠しアイテム

車中泊するときに車内をのぞき込まれるのは避けたいので、目隠しアイテムを準備しましょう。

※上記写真は参考ですが、こんなに覗かれたら流石に通報レベルですね^^;

サンシェード

フロントガラスを目隠しします。

駐車時の日除けにも使用できるのでおススメです。

マグネットカーテン

サイドガラス、バックドアガラスに使用します。

マグネットで手軽に固定できるので大変便利です。

私は吸盤タイプのサンシェードより、こちらがおススメです。

レビュー記事も書いてますので、ご覧ください。

【アクアで車中泊】サンシェードとマグネットカーテン レビュー

続きを見る

照明アイテム

目隠しアイテムを揃えたはいいけど、

車中泊ではアイドリング禁止なので車内は暗いですよね。

照明を用意しましょう!

このアイテムは充電式なので、乾電池など用意する必要はありません。

あらかじめ充電しておきましょう。

一個あれば十分ですが、二個あれば車内はかなり明るくなります。

寝具アイテム

マット

寝るときは、車内をフラット状態にして寝ますが、

そのまま寝るだけではゴツゴツして寝付きにくくなります。

このエアマットがあれば、フカフカになるので快適に過ごせます。

寝袋

上記のエアマットの上に寝袋で寝ると良いでしょう。

自宅にある毛布やタオルケットなどでも十分です。

寝袋の使い心地については、下記のレビュー記事をご覧ください。

Amazonで購入した格安クラスの寝袋[LEEPWEI]を冬場の車中泊で使ってみた

続きを見る

枕は自宅にあるものでも問題ありませんが、

必要であれば準備しましょう。

お風呂アイテム

お風呂アイテムは、温泉やスーパー銭湯などに行くときに必須アイテムとなります。

下記のアイテムをは温泉施設に置いてあるところもありますが、

割高なので、自分で準備するとよいでしょう。

お風呂アイテム

・シャンプー、コンディショナー、ボディーソープ
・洗顔フォーム
・歯ブラシ
・髭剃り
・タオル
・これらを入れるカゴ

車中泊の旅「お風呂・トイレ」問題について

続きを見る

車中泊に慣れてきたら、これを買うといいかも

ポータブル電源

ポータブル電源があると、大変便利です。

コストはそこそこしますが、

車中泊ではアイドリング禁止ですので、ポータブル電源は非常に役立ちます。

では、どんなことに使用するか、

主な使用用途はこちら。

ポータブル電源の使用用途

・携帯の充電
・パソコン
・ゲーム機
・電気毛布
・扇風機
・ケトルなどの器具

テーブル

車中泊するときにノートパソコンを使いたい!

飲み物や食べ物を置く台がほしい!

そんなときはテーブルを準備しましょう。

ケトル

朝はアツアツのコーヒーが飲みたい!

そんなときに役立つのがケトル!

このケトルはシガーソケット(DC12V)対応しています。

シガーソケットだと電圧がそんなに高くないので、お湯を沸かすには約60分ほどかかります。

扇風機や電気毛布

秋の季節でもまだ夏の暑さが残っている場合(大体25℃前後)は、

夜は地味に暑いので準備しましょう。

春の季節では、少し寒さが残っています。

毛布を被せて寒さを凌げるのであれば必要ありませんが、

あるに越したことはありません。

車中泊するときにこれだけは注意しておくこと!

初めて車中泊でおススメの季節は春と秋が良い

初めて車中泊するなら、どんな季節が良いのか、

おススメは、春と秋ですね。

少し寒気のあるけど、日差しが温かくなってくる春の季節や、

暑さも収まり涼しくなってくる頃の秋の季節は、

夜は少し寒いです。

ですが、毛布など着こめば快適に過ごせます。


夏の季節は、初めての車中泊ではおススメできません。
車内は暑いので、対策が必要です。

下手すると熱中症になる危険性もあります。


また冬の季節も外気温によりますが、あまりおススメできません。

車内はとても寒くなります。

電気毛布や寝袋があれば過ごせますが、

初めての車中泊なら、やはり過ごしやすい春と秋がよいでしょう。

泊まる場所が車中泊可能であること

車中泊する主な場所は、PA(パーキングエリア)やSA(サービスエリア)、

道の駅、RVパーク、車中泊可能な駐車場あたりになります。

道の駅の中には、車中泊禁止のところもありますので、

事前に調査しましょう。

ドアロック

寝る前には、必ずドアロックをしましょう。

寝ているときにドアを開けられて盗難に合うケースもあるかもしれません。

トイレが使用できる場所で車中泊

PAやSA、RVパークではほとんどトイレの利用は可能ですが、

道の駅ではトイレがない、もしくは使用禁止な施設もあります。

車中泊したものの、トイレが使用できない!では一大事ですね。

事前にトイレが使用できるか調べておきましょう。

車中泊の旅「お風呂・トイレ」問題について

続きを見る

入浴施設を利用する場合は、営業時間を確認すること

銭湯や温泉施設では営業時間過ぎると利用ができなくなります。

入浴施設に行ったら閉店してた・・・なんてこともあり得ます。

事前に営業時間を調べて利用しましょう。

車中泊の旅「お風呂・トイレ」問題について

続きを見る

まとめ

いかがだったでしょうか。

初めての車中泊は、期待と不安が入り混じると思います。

不安を取り除くには、ご紹介したアイテムをそろえるのと

上記の注意点を確認すると良いでしょう。

比較的に安心を優先するのであれば、有料のRVパークでしょう。

その次は、PA、SAになります。

PAやSAは比較的人が多いので、窃盗被害などに合うことは少ないです。

道の駅でも安心して泊まることはできますが、治安が悪そうなところは注意が必要です。

初めて車中泊する方へ、快適な車中泊の旅をすることをお祈りします。

ではまた!

toru
車中泊は楽しいよ♪
【車中泊グッズ紹介】車中泊に揃えるべき9つのおススメアイテム!

続きを見る




-グッズ紹介, 車中泊, 車中泊ひとり旅の心得
-,

© 2022 トルベル Powered by AFFINGER5